Webマーケテイング

■コロナショックの中で売上が急増しているのはネット販売、ネット広告、宅配便などです。人との接触を減らさざるえない今、貴方のWebマーケティングを見直してみませんか?

■さまざまなWebマーケティングの手法がある中、「あれっ!こんな方法もあるんだ」、「スマートで、便利で、しかも比較的安い方法」をご紹介します。

さくらい行政書士事務所 Webマーケテイング

行政書士がWebマーケテイングを紹介や提案をするの?と疑問に思われる方へ、少しだけ背景を説明します。

 

私のプロフィールの通り、30年以上電機メーカーに勤務していた間にさまざまな業務を経験しました。80年代から90年代はパソコンやワークステーションメーカー向けOEMビジネス(相手先ブランドの周辺機器の製造・販売)を担当、シリコンバレーにも数年間住み、IT業界の移り変わりはリアルタイムで体験しました。90年代中頃、社員一人にパソコン一台の職場環境になりましたが、それ以前から個人的に東芝ラップトップPCやMacintoshを買って遊んでいました。

早期退職前の2010年代は、グループ会社の大手ITサービス会社に在籍し、本社の事業企画スタッフとして、最先端のITサービス技術や商材を浅く広く知ることもできました。そして、2019年、当事務所を開業した際に自分でホームページを作ってみたのですが、知らない事ばかり、自力で調べながら、インターネット(Web)の活用と、今まで培ったきたマーケテイング等の知識と経験を繋げて考えてみるようになったわけです。

ITのプロのような具体的なシステム構築や運用の深い知識はありませんが、中小企業や個人事業主の皆さんの視線に立って、許認可申請や個人の民亊法務だけでなく、Webマーケテイング全般について有用な情報を提供しようと考えた次第です。気になる事や、疑問などがございましたら、何でも解決できるとまでは言えませんが、ご一緒に考えたり、調べたりして、スマートなWeb活用を考えていきましょう。もちろんお問い合わせは無料です。


Webサイト制作

大企業から個人事業までWebサイトを持ち、自社の宣伝(ブランデイングやリクルート目的)、自社商品・サービスの紹介、集客やネット販売、ユーザーとのコミュニケーションなどの目的で運用されています。 過去は文字データ中心、パソコンユーザーによるインターネット利用から、現在は画像や動画データを含みSNSなどによって爆発的に情報量が増え、誰もが日常的にスマホでインターネットを利用する時代になっています。

2020年、5G時代到来により通信速度が速くなりますます情報量が増え、テレビや新聞雑誌を超えた避けては通れない情報の社会基盤にると言えるでしょう。 そういう環境の中で、作りっぱなしのWebサイト、なかなか集客に結びつかないWebサイト、ITの人材不足や資金不足などの問題を抱える中小企業・個人事業主の皆さんへ、わかりやすい新しいソリューションをご紹介します。


Web集客

全世界で約1兆超のWebサイト(URL数)、日本だけでも500億から750億のWebサイトが存在するそうです。 半分以上は休眠しているのでしょうが、せっかく自社のWebサイトを作ってみても、こんな数の中から、ターゲットとする人から自社サイトを見つけて(検索)もらうことは、広い砂浜に落とした100円玉を探すようなものです。

9割以上のWebサイトは一日平均のアクセス数が10人以下で、自社スタッフとその家族だけがアクセスしている状況が多いのでしょう。Webサイトの目的を集客としている中小企業・個人事業主は、どうやって検索順位を上げるのか、どうやって自社サイトに誘導し、いかに来店や販売に結びつけるのかが大きな課題です。わかりやすいWeb分析や競合分析から、SEO対策(検索エンジン最適化)、MEO対策(地図エンジン最適化)、Web広告によって集客力をアップさせる方法をご紹介します。


Web活用

自社のWebサイトへの集客だけではなく、Webを活用することによって、ビジネスの効率アップ、費用の削減、そして売上拡大・企業成長へ繋げることが期待できます。ITにあまり詳しくない方にとっても、わかりやすいWeb活用方法をご紹介します。


法人向け補助金・助成金のお問い合わせ
法人向け補助金・助成金のお問い合わせ