サービス一覧

法人のお客さま向け

個人事業主から中小企業である法人のお客さまに対しては、起業・開業から事業承継まで幅広くサポートしております。行政書士としての企業法務面は定款作成や各種契約書作成のサポートですが、令和2年はコロナ禍の影響により、持続化給付金・家賃支援給付金の無料サポートが多数(オンライン申請なので申請方法のアドバイスばかり)になっています。 一方、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金そしてIT導入補助金の申請サポートでは、単に申請書類を作成するのではなく事業計画づくりとその実行に注力しております。これは行政書士の知識ではなく、電機メーカーに勤務していたときの事業戦略、マーケテイング戦略などの経験をベースにビジネスコンサルティング面のお客さまにより寄り添ったサポートに広げています。

各種許認可申請サポート

建設業許可、産業廃棄物収集運搬業許可、古物商営業許可、酒類販売免許、飲食店営業許可、風俗営業許可など、個別法令によって、国の省庁、都道府県、保健所、警察署、税務署などによる許認可が必要な事業はかなりあり、これらの申請の書類作成や代理申請が行政書士の本業(排他的独占業務)です。 この許認可が無く対象事業を行ってしまうとペナルティが課せられることになりますが、法令の趣旨から業務上の注意点などのご説明を丁寧に行い、お客様の法的リスクを低減するようにサポートいたします。

個人のお客さま向け

3つのポイント

メールや電話または初回面談(1時間程度)は無料です。(遠方の方とはZoom面談可能) 

また、許認可申請や相続手続きなどは、極力ご自身で行うように基本的なアドバイスや情報を無料でご提供しています。

経済産業省の各種補助金申請の審査ポイントは事業計画の内容です。お客様のビジネス実態をヒヤリングし、会社概要や沿革・市場動向やニーズ・SWOT分析・経営ビジョンや方針・補助事業計画などを、グラフ・図・写真などを駆使して説得力と共感を呼ぶ事業計画に仕立てます。

法知識+経営とマーケティングの知見や経験によって、個人事業主から中小企業様に対し、起業から事業承継まで幅広くサポートします。また経営者様の個人的な相続のような民亊法務からファイナンシャルアドバイス(無料)まで対応致します。


お客様への約束

行政書士の業務やビジネスコンサルタントのサービスの質をお伝えすることは難しいものです。まずお客さまのお話をよく聞き、お客さまに寄り添いながら、AdviseのA、RepresentのR、SupportのS、そしてConciergeのCによる「ARSCの実行」をお約束しております。


法人向け補助金・助成金のお問い合わせ
法人向け補助金・助成金のお問い合わせ