法人様(個人事業主から中小企業様)向け補助金・助成金申請サポート

■新型コロナウィルス感染症の影響に対し、中小企業・小規模事業者(個人事業主)が一社でも多く、一件でも多く、補助金・助成金を獲得できるようにサポートしています。

■コロナ禍の中で持続化給付金や家賃支援給付金 に関するお問い合わせが増えており、基本的にボランテイアで対応しています。行政書士として作成する書類はなく、要件(売上減少等)に合っており、必要書類を揃えればご自身で申請可能です。やり方など分からなければ、気軽にお問い合わせください。


1.補助金・助成金とは

さくらい行政書士事務所 法人向け、個人事業主向け補助金・助成金

行政縦割りの弊害なのでしょうか、補助金・助成金の種類は多過ぎ、かつ手続きが煩雑なので、「知っている者だけが得をする」傾向があると思います。

補助金・助成金は国や地方自治体が給付しますが、融資ではないのでどちらも返済する必要はありません。しかし、容易にもらえるものでもありません。

補助金は経済産業省が管轄し、個別の経済政策の目的達成のため、「事業」の申請内容を審査され採択されれば獲得になります。(但し、補助金獲得率は4割前後) 一方、助成金は厚生労働省管轄の「雇用」に関する活動が対象で、個々に複雑な要件があり、その要件を満たすことができれば基本的に獲得することができます。 尚、本人による申請ではなく代理申請について、厚生労働省の助成金に対する代理申請は社労士の独占業務で、それ以外の給付金や経済産業省の各種補助金に対する代理申請は行政書士の独占業務となっています。

 

補助金・助成金の種類は全国で細かく分けると約3,000種類(H30年実績は総額6,800億円超)、自社に合った補助金・助成金を見つけることは至難の業になっています。たとえば、ネットで「補助金 助成金」で検索すると上位に国の機関として「ミラサポPlus」という経済産業省中小企業庁が運営するサイトを見つけることができますが、このサイトの中は主に中小企業庁の政策の範囲内になります。

そこで年間8,500件もの多数の申請支援実績があり、地方自治体や金融機関などにも使用されている非常に便利な診断システムがあります。まずどんな補助金・助成金が受けられるのか簡単な質問に応えればIT診断によって獲得可能金額を計算し、年間を通じた複数申請を狙うことが可能になります。

また、新型コロナ感染症に関する補助金・助成金に関する情報は、ブログ「新型コロナに打ち勝つ」をご覧ください

尚、補助金・助成金以外の令和2年補正予算としての新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者への支援策として、5月から持続化給付金、7月から家賃支援給付金、そして各都道府県や市町村で独自の支援金があります。 各々で申請方法や条件が微妙に違うので混乱しますが、基本的に売上減少(前年比50%未満など)の要件があり、必要書類を揃えることができれば100%給付され返金する必要が無いものです。(不正受給は返金になります) 当事務所へも5月~6月は毎日のように電話やメールがあり、簡単な質問に答えることで多くの方がご自身で申請できたようです。こういったお問い合わせはもちろん無料対応です。たまに千葉か大阪の近くに住んでいる方で、パソコン操作が苦手な方には傍について、必要書類をPDF化したりしながら直接申請のお手伝いをすることもあります。

 


2.経済産業省(中小企業庁)の主要補助金制度

さくらい行政書士事務所は、経済産業省(中小企業庁)施策である補助金申請、特にその中の経営計画づくりを得意としてます。基本的な企業情報や市場情報をご提供頂き、何度かお話を伺いながら、インターネットなどで調べ、見栄えの良い図やグラフを使って、審査員にとって読みやすい・理解されやすい合理性と説得力がある経営計画に仕立てます。あくまでも経営者さんの構想に肉付けするだけ、資料の見栄えを良くするレベルです。

 

(1)小規模事業者持続化補助金

従業員数が20名以下(製造業など)または5名以下(商業、サービス業など)の小規模事業者(個人事業主含む)が経営計画を作成し、その計画に沿って行う販路開拓等に取組むことを支援する補助金です。販路開拓等なので宣伝広告費、ホームページ制作費、SNSなどWeb広告などに使える補助金です。補助率2/3の補助上限額50万円までが基本(一般型)ですが、新型コロナウイルス感染症対策(コロナ型)として補助上限額100万円まで引き上げられています。尚、オマケで事業再開枠としてマスクや消毒薬などの費用として更に50万円追加可能。

申請のポイントは経営計画の作成で、客観的な事業概況、自社の内部・外部分析(SWOT分析)を行い、前向きな事業計画を組むことが必要です。

 小規模事業者持続化補助金についてのブログ記事はこちらです。

 

(2)ものづくり補助金

生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者等の設備投資等、及び一定数以上の中小企業・小規模事業者等の新規ビジネスモデルの構築を支援するプログラム経費の一部を支援する補助金で、一般型・グローバル展開型・ビジネスモデル構築型があります。

補助上限額は、一般型(1,000万円)、グローバル展開型(3,000万円)、ビジネスモデル構築型(1億円)。補助率は、一般型とグローバル展開型(中小1/2、小規模事業者等2/3)、ビジネスモデル構築型は定額

ものづくり補助金申請のポイントも経営計画作成で、一般型・グローバル展開型の場合は、3~5年計画として付加価値額を年率3%以上向上させ、給与支給総額を年率1.5%以上増やすなどの条件があり、経営分析からしっかりとした経営計画を練る必要があります。新型コロナウイルス感染症対策(コロナ型)として適用が範囲が広がり、事業再開枠も設定されています。

ものづくり補助金についてのブログ記事はこちらです。 

 

(3)IT導入補助金

事前に登録されたIT導入補助事業者と協働し、中小企業・小規模事業者等が、新たに生産性向上に貢献するIT ツール・ソフトウェアを導入する際に、補助を受けることができる補助金です。

補助対象経費はITツール(ソフトウェア、サービス等)で、補助率は 1/2(上限450万円、下限30万円)ただし、ハードウェアは対象外。

申請のポイントは、経営課題を抽出し、それを解決する方策として適正なITツールを持つIT導入補助事業者を見つけることです。 IT導入補助金も新型コロナ対応型として適用範囲が広がり、事業再開枠もあります。

尚、IT事業者としての中小企業様は、IT導入補助事業者として登録することにより販売力の強化に繋がります。単独登録ではなくコンソーシアムで登録する方法もあります。

IT導入補助金についてのブログ記事はこちらです。 

 


3.助成金中心に年間の最大受給を目指す「Jマッチ」

対象者・基本的な受給条件

従業員100名以上など規模の大きな企業は獲得が難しいですが、ほとんどの中小企業・小規模事業者が対象になります。

 基本的な受給条件は下記4つ。 

①正社員を1名以上雇用(親族、役員を除く)
②雇用保険、労災保険、社会保険に加入している
③残業未払いなどの労務違反をしていない
④過去半年以上、会社都合の解雇を行っていない

 

「Jマッチ」システム概要

国の年間予算・臨時予算によって内容や総額が決まるので、各補助金・助成金の要件を最新の情報にアップデートしているシステムです。

 ・初回コンサルテイングによって、受給可能金額(最低金額と最高金額を算出)を診断します。

・年間通じて活用できる補助金・助成金をご紹介し、最大受給を目指します。新型コロナによる休業補償である雇用調整助成金(上限@¥8,330/日/人、6/30までに計画届が必要)だけでなく、教育訓練、人事評価、正社員化、健康診断制度、育休関係など、年間を通じて獲得できる複数の助成金や補助金を狙う意味です。

・助成金申請の実務については、社労士を紹介し、申請手続き自体はお任せします(別途申請手数料が掛かります) ちなみに、助成金申請は社労士の独占業務なので、私、行政書士はできません。社労士が作成する申請資料には目を通しサイドサポートとなります。

・一方、補助金については、獲得率は4割程度と高くはありませんが、経営分析から事業計画づくり、申請まで幅広くサポートいたします。

・「Jマッチ」システムの構築・運用(初回コンサルティングによる診断、専門コールサポート、社労士の紹介)は提携先の(株)ライトアップ(東証マザーズ、証券コード6580)が実施し、お客さまと直接コンタクトを取らせていただきます。

 

費用

(株)ライトアップによる1年間のコンサルテイング契約は、年間36万円です。(個別の申請費用は含んでいません) 

無料の初回コンサルテイング診断によって、どの補助金・助成金を狙うのか話し合った上で契約するので安心です。 契約後に申請手続きが開始されます。

 

おまけ

世の中、さまざまな詐欺があり、補助金・助成金に関する詐欺も多発しています。 わたしのような行政書士が詐欺などを犯すと、詐欺罪で刑事罰だけでなく、ただちに行政書士資格がはく奪され、行政書士法による行政罰(最悪禁固刑)を受けることになりますので、慎重にお客さまに寄り添って進めたいと思っています。 

なお、上記診断システムは商工中金はじめ多数の金融機関で現在採用されているシステムなので安心であり、診断から始まり計画的に申請を準備し、申請提出、(要件である施策の実施)、そして受給を受け取るまでサポート(有料)します。


法人向け補助金・助成金のお問い合わせ
法人向け補助金・助成金のお問い合わせ


各種補助金・助成金の内容などは関連ブログをご覧ください。