ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

「家計に関わるお金」に関する一般的な疑問・心配事について、丁寧にお答えし、少しだけ不安を解消します。


ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー技能士は人気の国家資格の一つで、全国に70万人以上のファイナンシャルプランナー、またはAFP・CFPがいます。 近年、金融会社や保険会社では社員にファイナンシャルプランナーの取得を推奨しているところが多く、資格者人数が増えているようです。 即ち、国家資格によって一定の知識と常識があることを証明する肩書ということでしょう。小売業における販売士と似ていると思います。

金融関係や保険会社の社員は、金融や保険の商品・サービスを販売することが目的です。彼らと一般庶民の間には情報量や経験の差があることは当然、インターネットで検索すると情報が多過ぎるし、たまたま見た情報が正しいものなのかどうか不安に感じたり、自分にとってベター、ベストの選択肢は何なのか迷うことが多々あると思います。 特にかんぽ生命の不正問題によってますます信頼が揺らいでいるのではないでしょうか? 一方、税金、年金、相続といったお金に係る疑問や不安はほぼ全ての人が抱えているでしょう。「知っている人だけ得をして、知らない人は損をする」ことがたくさんあります。

私、櫻井義之は、行政書士業務をメインにしておりますので、ファイナンシャルプランナーの知識は基本的に無償でご提供します。 金融商品や保険商品を売り込むことは一切行いません。 また、税理士の排他的独占業務である、納税申告の代理や個別具体的な税額計算•税務相談には応じられませんが、相続税、所得税などの一般的な説明は、ファイナンシャルプランナーとしてアドバイスいたします。


法人向け補助金・助成金のお問い合わせ
法人向け補助金・助成金のお問い合わせ