元サラリーマンによる個人事業主の日々

サラリーマン時代は個人事業主に対して漠然としたイメージしか持っていませんでした。通勤時間が無く(少なく)、好きな時に好きな仕事をやれて、平日はゴルフ三昧、人混みの多い連休を避けた旅行、複雑な人間関係や与えられた仕事や予算・目標のプレッシャーから解放されて精神的にも楽になるだろうなぁという感じで思っていました。

私が行政書士になった動機はプロフィールに記載しておりますが、一般的な行政書士の魅力(特徴)としては、①排他独占的業務の範囲が広いので業務の選択肢が多い、②小資本で個人事業が可能、③先生と呼ばれることがある...などがあるでしょう。ネガテイブな特徴もいっぱいありますが、このブログではやめておきます。 士業全般が個人事業主に向いているのでしょうが、他の士業と比べ、行政書士は法人(または法人所属)よりも個人事業主が圧倒的に多いようです。

都道府県行政書士会に登録申請する際は、行政書士事務所の開設(住居地かその近くに一か所のみ)か、どこかの事務所に所属しなければなりません。 事務所開設の場合、定型の職印を作り、外に事務所名表示、鍵付きファイル棚、金庫、価格表掲示、机・椅子・本棚、打合せ場所などを図面や写真で示し、所定の事件簿や領収書などをもらって、業際問題や職務上請求書の使い方などの注意点の研修を受けなければなりません。都道府県の行政書士会によって登録手続きと必要な時間には大きな差(1か月から3か月)があるようです。

しかし、やっと行政書士登録が完了して、税務署に青色申告して行政書士事務所を開設(青色申告に記載した日を開設日としました)してみると、当然誰からも電話はかかってきません。 名刺やホームページを作って、静かな日々が過ぎていきます。

私の場合は、大阪の親の介護がある上、夏の中小企業診断士試験の勉強に集中し、積極的な業務を行なえないまま、ホームページのSEO対策と相続手続きだけやっていました。11月頃からぽつぽつと許認可申請・変更のお問い合わせや相談をいただき、行政書士っぽい業務を始めてみると、小さいことでつまずくことがいっぱいでした。実務本や研修資料をチェックし、関連法案をeGovからダウンロードしてざっと見て、行政機関の事前相談で手引き・申請書類の確認をすることもありましたが、準備不足や経験不足が原因の以下のようなトラブルで無駄な時間ばかりかかります。

・想定外の質問への対処(調べることが増え続けます)
・お客さんへのヒヤリング不足、メモのし忘れ(記憶力減衰)
・顧客の自宅訪問時、家が見つけられない
・正式な住所表示やお名前(漢字)の記載ミス
・かなの小文字入力や、定型Wordフォーマットの不具合
・見積書や請求書の作成ミス
・書類のメールや郵送の手間
・書類のファイリングの手間
・書類のスキャンやコピーの煩雑さ
・紙がない、インクがない、必要な資料が見つからない、あれがないこれがないだらけ。
・白黒でいいものをカラー印刷、1ページでいいのに何十ページも印刷してしまう

などなど

サラリーマンで海外営業職を20年以上、企画職を10年もやっていたので、対人関係、仕事の基本、パソコン操作などは問題ない筈でした。ところが、40台半ばから10年間も部長職だったので、細かい事務作業などは10年以上やっていなかったことに気づきました。新入社員に戻った気分です。

行政機関は平日しか空いていないし、お客さんは週末にお会いすることが多く、書類の印鑑を押すだけのために夜遅くや早朝になることもあるし、急に予定が変わることも頻繁に起きます。

あれっ?「好きな時に好きな仕事をやれて、平日はゴルフ三昧、人混みの多い連休を避けた旅行」はどうなったのか?

いったん相談いただき業務を受けた限りは、その業務に没頭しお客さん第一に行動してしまうので、仕方がないことですね。 一方、行政機関の各担当の方々は本当に親切だと感心します。時々、法令解釈や提案をしたり、お客さんの気持ちや考えを説明してあげると、めっちゃ嬉しそうです。

サラリーマン時代は世の中は悪人が多いと感じていましたが、個人事業主をすると善人だらけに感じます。たぶん自分の姿勢・視点が変わったのでしょう。

士業支援サービスにご注意を

上記に電話がかかってこないと書きましたが、最初は(最近も)「士業向け支援サービス」なるものの電話やメールだけは入ってきます。 ホームページづくり、ホームページの集客(SEO対策)、業者さんが運営しているポータルサイトへの勧誘、書籍販売などです。 

■ホームページづくりに50万円くらいかかる業者もあり、打合せが多い上に完成後、少し変更するだけでも1,2週間もかかるというケース。 

■「地域別に各士業さんを絞っており、XX市では○○先生にお願いしたい」と数か月間の掲載料を数十万円と言ってくる業者さんもいます。「なぜ私を選んだのですか」と突っ込んでも答えないし、そもそもそのポータルサイト自体のアクセス数や集客力があるのか疑問。 

■「○○先生のホームページを見ました。開業の経緯などを内容に、有名タレントをレポーターにした取材に興味はありませんか」という業者もあります。有名タレントと言っても、昔のタレントやちょっとマイナーな元スポーツ選手で、他に仕事がなさそうな人ばかり。個々の業務内容をレポートする力があるとは思えません。これも何十万円という単位の話です。

今は、業者さんの会社名などがわかれば、すぐにネットで本性がばれることが多いのに、よくこんな詐欺っぽい商売をやっているのか不思議です。

ただし、中には士業間ネットワークの構築などの真面目な取り組みや、士業業務の付加価値向上に繋がる提案を持っている業者さんもいるので、よく話を聞いてみないとわかりません。