プロフィール

行政書士兼FP技能士 櫻井 義之

行政書士兼FP技能士
櫻井 義之

 

・1986年 関西大学工学部電気工学科卒業、東京本社の電機メーカーに入社

・通算9年間の米国(ジョージア州とカリフォルニア州)駐在含め20年以上の海外営業業務と、10年間の本社スタッフとしての企画業務に従事。様々な経験を積み、多くの仕事仲間と良い業務に恵まれたと感じます。

・2017年、大阪に一人住まいの母親介護のために退職。

・2018年、行政書士試験に合格。

・2019年、千葉県行政書士会に入会し開業。

・2020年、コロナ禍の中、多数の中小企業・個人事業主さんから給付金・補助金・融資のご相談を受けております。

・趣味は家庭菜園、下手くそなゴルフ(特にパッテイング)、読書(日本史)

 ・最近ハマっていることは、YouTube、SEO対策、NHKの朝ドラ



千葉県佐倉市に住む行政書士兼ファイナンシャルプランナー。大阪で一人暮らしの親の介護に悩み、30年以上勤めたていた東京本社の電機メーカーを2017年に早期退職し、無職になりました。千葉と大阪を月2回往復しながら、行政書士、ファイナンシャルプランナー、IT関連や知的財産関連の資格を取得し、2019年、個人事業主として開業。これから25年くらい、自分の経験と知識を活用し、「地域社会のため、貴方のため、お役にたちたい」という想いで、①各種許認可申請、法人設立、補助金申請事業承継などの企業サポート、②相続や後見などの生活サポート、②在留ビザ永住ビザ帰化申請などの外国人サポートに取り組んでいます。


資格・所属など

・行政書士 登録番号 第19101076号   千葉県行政書士会印旛支部所属
・2級ファイナンシャルプランニング技能士 第F21723014006号
・2級知的財産管理技能士 第IP1920006213号
・ITパスポート試験合格
・情報セキュリテイマネジメント試験合格

・著作権相談員
・佐倉市商工会議所会員


行政書士事務所開業の動機

行政書士事務所を開業した動機は、サラリーマンが嫌だった訳でも、独立したかった訳でもありません。業務上、いろいろ難しい状況や辛い事もありましたが、その何倍も楽しく充実した時が多くあったサラリーマン生活を、大阪に一人暮らしの親の介護のために辞めざる得なかったのがキッカケです。介護休暇制度もありましたが、どれくらいの期間、どこまでできるのか皆目見当がつかなかったので、とりあえず退職してしまった感じでした。

 

早期退職する前の10年間は部長職で、威張りはしていなかったと思いますが、それなりの経験と自信を持っていたので、退職しても「なんとかやっていけるだろう」と甘く考えておりました。

しかし、親の病状が落ち着き、幾つかの資格試験を受けながら、改めて自分の強みは何か、これから何をやっていこうかと考えてみると...「何もない」の一言でした。 連結売上10兆円、従業員30万人以上の大企業グループの一部門の端っこに所属していましたが、自分の経験、ノウハウ、人脈などのほとんどはグループ社内にのみに通じたものでした。

ファイナンシャルプランナーの勉強から始め、行政書士と中小企業診断士(一次試験合格も、2020年二次試験合格を目指す)の勉強をすると、もうすぐ還暦なのに知らないことばかり、又はこういう(へ)理屈や知識があったのかと気づいたり、驚くことばかりです。この知識を身につけてもう一度35歳くらいから社会人人生をやり直したいと感じます。

今や人生100年。まだまだこれからもっと働こうと、まずは佐倉市の自宅で行政書士事務所を開業しました。一つ一つの仕事に愚直に向き合い、勉強しながら自己研鑽に繋がればと願っています。 まだまだ勉強しなければならないこと、勉強したいことがいっぱいあります。 

加えて、これから知り合う方々とお酒を飲んだり、ゴルフなどを楽しみ充実した日々を送りたいと願っております。

 


法人向け補助金・助成金のお問い合わせ
法人向け補助金・助成金のお問い合わせ