企業経営サポート

さくらい行政書士事務所 実用新案法
実用新案法は、物品の形状、構造または組み合わせに関わる考案の保護および利用をあかることにより、その考案を奨励し、これにより産業の発達に寄与することを目的としています。特許法と非常に似ています。

さくらい行政書士事務所 特許法
特許法は、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なものを「発明」として保護すると規定されています。発明の保護と利用を図ることにより、発明することを奨励し、これにより産業の発達に寄与することが特許法の目的です。

さくらい行政書士事務所 知的財産権って何?
知的財産管理が重要なのは大企業だけではありません。中小企業だからこそ様々な知的財産権を保有し、それを活用することが企業経営にとって重要なな経営資源の一つになるのだと考えます。

さくらい行政書士事務所 下請代金支払遅延等防止法
下請代金支払遅延等防止法は、親事業者(発注者)と下請事業者(受注者、個人事業主含む)の公正な取引を目指し、立場の弱い下請事業者の利益保護を目的として、独占禁止法の特別法として制定されました。 優越的地位の濫用にならないよう、要は下請いじめはやめましょうという法律です。

さくらい行政書士事務所 公益通報者保護法
公益通報者保護法は、リコール隠しや食品偽装など法令や規則に違反していることを企業内部の労働者(正社員だけではない)が内部通報を行った場合、解雇等の不利益な取扱いを行うことが禁止しています。

さくらい行政書士事務所 消費者契約法
消費者契約法は、消費者と事業者間で締結される契約の取消権や不当な契約条項の無効を消費者に認め、トラブルや被害を抑制することが目的です。

さくらい行政書士事務所 製造物責任法
製造物責任法とは、製品の欠陥が原因となって生命、身体または財産に損害が生じた場合に、その製品を製造等した事業者に損害賠償責任を負わせることを規定しています。

さくらい行政書士事務所 個人情報保護法
ITと経済の発展に伴い個人情報の有用性に配慮しつつ、個人のプライバシー権利を保護することを目的に制定された法律が個人情報保護法

さくらい行政書士事務所 特定商取引法
消費者を保護する特定商取引法。事業者側は同法律の規制を理解し、書面交付などしっかりとした対応が不可欠です。

さくらい行政書士事務所 景品表示法
景品表示法は消費者保護のために、不正表示(優良誤認表示、遊離誤認表示)と過大な景品類の提供を規制しています。

さらに表示する