相続関連

さくらい行政書士事務所 自筆証書遺言書保管制度
相続関連 · 2020/07/04
自筆証書遺言が作りやすくなってから1年半。どこまで国民に知られているのかわかりませんが、来週7月10日からは法務局で、自筆証書遺言書保管制度が静かに始まります

さくらい行政書士事務所 遺言書を残しておいた方が良いケース
相続関連 · 2020/03/14
有効な遺言書を残す人は約1割だと言われています。遺産相続で争いが起こらないと考える方がほとんどだと思いますが、遺言書を残しておいた方が良いケースを7つ挙げて説明します。

さくらい行政書士事務所 エンディングノート
相続関連 · 2020/03/03
最近、「終活」というタイトルの本や記事、セミナーを見かけます。一般的に「終活」には、自分が死んだあとのこと、自分が認知症や病気になったときのこと、不要なものの処分や整理、お墓の準備、住まいをどうするか/施設選びなど多岐にわたり、「終活ビジネス」も盛んになってきているようです。

さくらい行政書士事務所 相続税(3) 相続税の申告 納付 相続時精算課税制度
相続関連 · 2020/03/02
「相続税ってどれくらい?(1)」と「相続税ってどれくらい?(2)」で、大概の相続税の計算がわかったような気になりますが、いざ申告書を書こうとすると、税務署でもらった申告書と説明書の量にびっくりします。どこから書き始めたら良いのか、分かりにくいフォーマットです。...

さくらい行政書士事務所 相続税(2) 非課税額 控除額 特例
相続関連 · 2020/03/02
相続って滅多に起きることがなく、初めて経験する方が大多数でしょう。被相続人の看病やお葬式の手配などにより慌ただしく時間が過ぎ、相続手続きは煩雑なので、後から「最初から知っておけば良かったのに」と後悔することもしばしばです。相続税については被相続人の死後10か月以内に申告が必要ですが、あっという間に期限がきてしまいます。

さくらい行政書士事務所 相続税(1) 相続税額の基礎計算
相続関連 · 2020/03/02
相続税の具体的な計算や税務署類の作成、そしてその相談に応じることは、税理士の独占業務で、ファイナンシャルプランナーまたは行政書士として対応することができません。他の士業との業際問題については意識しておりますが、このブログでは、ファイナンシャルプランナーとして、FPの試験テキストに出てくるレベル、または国税庁のホームページで公開されているような一般知識を説明します。

さくらい行政書士事務所 相続放棄 限定承認
相続関連 · 2020/03/01
多額の債務(借金)を抱えたまま亡くなってしまった場合、プラスの財産からこの債務(借金)をマイナスの財産を差し引いた額が相続財産になります。プラスの財産以上にマイナス財産が多ければ、相続人が残った債務(借金)を返済しなければならない義務を負うことになります。

相続関連 · 2019/12/31
令和元年は相続関連のご相談をいくつか対応し気づいたことは、インターネットや雑誌等で相続関連の情報が溢れていますが、意外に知らないことや、勘違いしていることが多いことです。また行政書士が相続手続きの相談相手として知られていないことにも気づきました。...
相続関連 · 2019/11/29
インターネット、新聞・雑誌などで遺産相続に関する情報が氾濫し、ますます増えているように感じます。 地方自治体を中心とした相談窓口、弁護士・会計士・司法書士・行政書士、そして金融機関など、様々な業種、団体または法人が相続に関する情報を発信し、「無償」相談を行っています。 そして、どこも相談者が増えてきているのが現状です。...
相続関連 · 2019/06/10
遺言については日本公証人連合会のサイトにいろいろ詳しく書かれていますが、なかなか目を通す時間がありません。 そもそも自分の死後のことなので積極的に考えること自体が難しいですね。 実際、有効な遺言を残して亡くなる方は10人に1人程度ではないかという話を聞いたことがあります。...

さらに表示する